理念

日本に新たな企業支援のシステムを構築する

米国と日本のベンチャー・中小企業では資金調達環境が大きく異なります。米国の中小企業の資金調達環境は、日本よりも進んでおり、創業期であっても何億という資金調達ができている企業が数多く存在します。一方で、日本では創業時の資本金が平均するとおよそ300万円程度で、同じビジネスを同時に初めても、スタート時に資金面だけでも大きな差がついており、日本の中小企業は世界で満足に戦えていないのが現状です。資金調達環境を改善し、日本を元気にしたいという志のもと当社はスタート致しました。

その手段として「株式投資型クラウドファンディングサービス FUNDINNO(ファンディーノ)」を立ち上げました。

株式投資型クラウドファンディングは、アベノミクスの三本目の矢である成長戦略の1つとして日本に眠る1700兆円もの個人金融資産を、成長性の高いベンチャー企業や中小企業の成長資金と結び付ける仕組みとして期待され、解禁されたサービスです。

当社は、その株式投資型クラウドファンディングを運営する業者として日本で初めて登録承認を受けました。

第一種少額電子募集取扱業者番号 関東財務局長(金商)第2957号

株式投資型クラウドファンディングとは、未来あるベンチャー・中小企業へ株式投資ができるサービスです。

当社の目標は、ベンチャー・中小企業の資金調達環境を改善しさらに企業の成長を包括的に支援することで日本経済の活発化に貢献することです。

news2
  • 15.11

    株式会社日本クラウドキャピタル創業

    株式会社日本クラウドキャピタルの創業を麻布十番にて開始しました。
  • 15.11

    事業拡大のため五反田へ移転しました。

  • 16.1

    第三者割当増資を実行しました。

  • 16.9

    第三者割当増資を実行しました。

  • 16.10

    日本第一号となる少額電子募集取扱業の登録承認を受けました。